おすすめ注文住宅メーカーNavi【姫路市編】
おすすめ注文住宅メーカーNAVI姫路市編
安心して依頼できる姫路市の
注文住宅メーカーを厳選ピックアップ!
個性が光る姫路市の注文住宅メーカー5選!
おすすめ5社を詳しく見たいかたはこちらをチェック
HOME » 住宅を建てる前にチェックすべきこと【姫路編】 » 姫路人に聞いた注文住宅で失敗例した間取りをご紹介します。

姫路人に聞いた注文住宅で失敗例した間取りをご紹介します。

間取りを重視しすぎたために外観が不格好

家造りは間取りから考えつつもやり過ぎは要注意

家造りでは、間取りから先に考えて後から外観を決めていく方法と、その逆で外観から先に決める方法があります。

間取りから先に決めることで、理想に近い住まいづくり可能ですが、間取りの自由度が高まる分やり過ぎると外観が不格好になってしまうので注意が必要です。

イメージをしっかり作ってから実際の間取りを決める

より生活しやすい、家事の動線などが効率的な間取りを考えるために、間取りから決めていきたいという場合は、外観が不自然にならないようまずイメージをしっかり持つことが大切です。

漠然としたイメージだと、いざ設計をするときにデザインがまとまらなくなってしまいます。
イメージする段階で間取りと外観のバランスを考えておくことで、設計時に頭を抱えずに済みます。

おしゃれ感を重視したら住みにくい家に

「普通の間取り」がイヤで何度も設計をし直したけれど

建売を購入するのではなく、注文住宅にすることを決意したあるご家庭は、建売の平凡な間取りにはしたくないという強い気持ちがあり、間取りについて慎重に考える方が多くいらっしゃいます。

例えば、おしゃれでスタイリッシュな間取りを考えついたけれど、いざ設計の段階になったら生活しにくいように感じ、設計士にもう一度設計をやり直してもらうことに。
すると、住みやすいと思った家は展示会で見た建売の間取りとそっくりになってしまいました。

これでは注文住宅の意味がないと、やり直した設計をさらに練り直し。
各所に間接照明を取り入れるなど、最終的に注文住宅ならではの個性的な間取りで落ち着いたのですが、やはり実際に住んでみたら住みにくく、失敗だったかも、と思われたそうです。

建売の間取りを否定しない

建売は、ただ平凡な間取りで作っているのではなく、それぞれのハウスメーカーがいかに住みやすくするかということを吟味しています。
自分で間取りを考えたときに、たとえ建売と似てしまっても自分が住みやすいと思ったらそれは、よい間取りなのです。

注文住宅なのだから「他にはない住宅」をという気持ちで間取りを考えてしまうと、住みやすい家から遠ざかってしまうことも考えられます。

まずは「自分が住みやすい」生活の動線が効率的だと思われる間取りを考えるよう意識してみましょう。

《このサイトについて》
掲載している情報は、すべて個人で独自に集めたものです。
したがって、注文住宅会社に関する情報等は、かならず公式サイトをご確認ください。[2016年10月]